日本国内旅行メモ

和を楽しむ指南・日本人こそ日本を旅行しよう!

夏の海

更新日:

海外に行かなくても、素晴らしい海が日本にはあることをご存知ですか?
折角なのですから、言葉も治安の心配も少ない日本で海を楽しみましょう!
海水浴に興味がない人でも楽しめる、厳選4スポットです。

Sponsor Link

(岩手県宮古市)浄土ヶ浜

浄土ヶ浜は三陸復興国立公園内にあります。
海の青さはまさに日本の海という色で、奇岩に囲まれたその形から「さながら極楽浄土のごとし」と称えられました。

透明度が高く、穏やかな波が特徴のため、ゆっくり海を楽しみたい方にはピッタリの浜です。

園内には「青の洞窟」もあり、3月~11月は遊覧船も出ています。
洞窟内は海水がエメラルドグリーンに光ります。
とても綺麗ですよ!

冬の雪化粧をした浄土ヶ浜も風情があります。
ぜひ、冬にも訪れてほしいです。

夏以外の季節でも楽しめる、穴場の浜です。
お近くにお越しの際には、是非いらしてみてください。

浄土ヶ浜オフィシャルホームページ

 

(和歌山県南紀白浜)白浜海岸

「白浜」は静岡県下田にもありますが、私のオススメは和歌山県の南紀白浜にある白浜海岸です。
こちらは浜沿いにホテルが多く立ち並び、観光スポットとして充実していますので、海水浴だけでなく、各種観光や食に関しても充実しています。
温泉もありますよ!

アクセスもJR難波駅から直通バスが出ている便利さで、行きやすいです。
池袋・大宮からも長距離バスが出ています。

観光名所が充実しているので、海に入らなくても楽しめます。
円月島や千畳敷などの景観を、遊覧船に乗りながら、あるいは自分で歩きながら楽しむことができます。

浜からあがれば、白浜を一望できる公園があります。
こちらは、春は桜が咲く美しい公園で、お花見も楽しめます。

また、白浜の温泉は「日本三大古湯」に称えられる名湯で、1350年の歴史をもちます。
温泉目的で浜も見てみる、という楽しみ方もありです。

こんなに色々な目的で遊べる浜も珍しいです。
ぜひ、家族連れ・カップルなどでいらしてください。

▶南紀白浜オフィシャルページ

Sponsor Link

(千葉県鴨川市)城崎海岸

関東から唯一ピックアップしたのは、城崎温泉に隣接する城崎海岸です。
温泉好きには勿論のこと、鴨川シーワールドもありますので、滞在に飽きることがありません。

温泉客が大多数ですので、海を楽しみたい人には穴場スポットになります。
地元以外の人は少な目で、ゆったりと浜を楽しめます。

疲れたら温泉&温泉饅頭でほっこりできるのも最高です。

駐車場が無料でシャワーもありますが、ゴミ捨て場がありません。
必ず持って帰ってくださいね。

透明度が高く、海藻率が低めなので、浮いているだけでも楽しいです。

海の家は1件だけですが、コンビニが近くにあります。
また、浜の部分がコンクリになっているところもありますので、荷物が置きやすい利点があります。

何はともあれ、城崎温泉がてらに海で遊ぶ休日を、楽しんでみてください。

▶城崎海岸ホームページ(鴨川ナビ)

 

(沖縄県宮古島)宮古島ビーチ

日本NO,1ビーチと言えば、宮古島です。
そのエメラルドグリーンの美しさは、一度見たら忘れられない思い出となるでしょう。
島全体まるごと360度全てが絶景ビーチです。

島と島にかけられた橋を自転車で渡ることもでき、ツーリングファンにとってもとっておきの場所になっています。
宮古島はトライアスロンの開催地としても有名です。

宮古島自体も海を楽しむための施設に力を入れています。
格安の民宿から、高級リゾートまで、予算に合わせた滞在が可能です。

透明度もさることながら、時間で変化する海の色を1日眺めているだけでも癒されます。

海を求めての旅なら、まさにここはうってつけです。
きっとこのブルーに癒されるでしょう。

ぜひ島のホテルに滞在して、暮れゆく夕陽を眺め、朝は日の出が昇る海を堪能してみてください。

▶宮古島観光協会

 

いかがでしたか?
おすすめビーチが見つかり次第、常時追加していきます。
お楽しみに!

▲ホームページトップへ戻る

Sponsor Link

-春夏秋冬、旬の季節への誘い
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 日本国内旅行メモ , 2018 All Rights Reserved.